行政とデザイン?

「行政とデザイン」は、公的な支援を切実に必要としている人たちを見据え、行政における情報デザインの改善に取り組んでいくプロジェクトです。

背景・問題意識

日々の暮らしに欠かせない公的なサービス— 最近では、その制度や実施主体が複雑になり、サービスを利用する側(市民)に、高度な知識やリテラシーが要求されるようになってきました。

公的なサービスの中でも、セーフティーネットとしての役割を担う「行政」のサービスでは特に、対象者にきちんと情報が届くよう編集や表現の工夫をすること ―すなわち「デザイン」― が、今まで以上に必要な時代になってきています。

しかしその一方で、行政は、民間企業・団体よりもデザインが行き届かない状態になりがちです。

例えば、お店のホームページは当たり前のようにデザインされるのに、児童相談所のホームページは制作の必要性すら問われないケースもあります。

近年では、人口減少や財政難が後押しし、行政の中でも地域情報や物産を魅力的に見せようとする「経済的な地域活性化」に関わるデザインは、よく見られるようになりました。

でも例えば、困難を抱えた方々の接点となる役所の窓口の書類は、デザインの工夫がされているでしょうか。

生活保護の仕組みや、里親制度や、子育て支援制度など… 切実な状況にある人たちにとって必要とされる情報が、なかなか対象者のところまで届いていません。

私たちは、以上のような課題の原因を追究するとともに、デザインを用いて課題を解決していこうと考えました。

デザインは、経済性や新しさ、インパクトなどがなじみやすい領域に浸透しがちです。よって本プロジェクトでは、地域活性化や産業振興、文化行政などのデザインが浸透しやすい分野ではなく、主に教育・福祉行政分野を対象とします。

また、行政と市民あるいは官と民、という対立構造を前提とするのではなく、行政で働く人たちもまた「市民」である事実を大切にします。

「市民参加」の先の、行政とのゆるやかな協働を意識しつつ、切実に公的な支援を必要としている人たちを見据えた情報デザインと、その持続性を支える仕組みづくりを目指していきます。


Facebook ページ:https://www.facebook.com/DesignforLocal/


運営/問い合わせ先:

九州大学 田北雅裕研究室
mail: lab*local-design.org (*を@に変更してください)
http://local-design.jp